読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビッサハー!でワッハ!ワッハ!

家族は夫と二人の息子。紅一点の可愛い母ちゃんになりたいけれど日々可愛いから遠ざかっているような気がする働く母の日記です。

2013/12/30 ロイヤルパークホテル 水天宮へ戌の日のお参りに

旅に出るのが好きな私ですが、
・結婚してからは夫と休みが合わず(そもそもお盆の時期しか休めないので混んでる時期に出かける気にならない。私はお盆は関係なく仕事があるけど休みは混んでる時期とずらしてとれる。)
・息子は中耳炎だったり、治った今では公共交通機関では騒いでしまったり(しつけをちゃんと出来ていない親の責任。個性もあるのだろうけど。元気がとてもよく自己主張が強くなってきた。)、食物アレルギーが多種に渡り外食で食べられるものが一つもないことがあったり、
などなど、色んな理由で出産後は旅に出られていません。
仕事関係で出産後5カ月の息子を夫に託して神戸に一人で泊まりで行ってきたのが一番の遠出。
息子が1歳の時に親族で栃木に行ったこともありますが、まだあの頃はアレルギー症状が強くなかったから判明していなかった。卵は数回嘔吐してたから自主的に既にやめていたけど。

旅の何が好きかっていうと、
・自然遺産も歴史的な建築物も好きなので、その土地の色々なものを見るのが好きだったり、
・その土地の食べ物を食べるのが楽しみだったり、
・ホテルや旅館や、非日常に浸れるのが好きだったり、
などなど。

ということで、「非日常」を味わいに、近場ですがホテルに泊まりに行きました。

妊娠5カ月に入ってからの週末に水天宮にお参りを兼ねて泊まろう!
ということで、水天宮のロイヤルパークホテルへ。
なんと偶然にも戌の日で、仮のおみやの水天宮はちょっと混んでいました。
お守りは、超初期に夫が既に買ってくれているのでお参りだけ。

 

 

 

ホテルはダブルのお部屋に。
ツインで壁に片方のベッドがくっついていればいいのけど、隙間があると息子が落ちてしまうため、ダブルで川の字の方が安全。

お部屋は程よい広さで目下に首都高が走っていましたが全然音は聞こえず、のんびり過ごせました。
バスタブも長くて足を伸ばしてのんびり出来ました。


朝食は20階で頂きました。
ビュッフェは品数はやや少なめでしたが、全種類制覇したくなる私達夫婦にはちょうど良かったです。
息子が騒いで他の方に迷惑をかけてしまうのではないかということが一番心配だったのですが、個室のようになっている席に案内していただきとてもありがたかったです。
他の方が周りにいないことで息子も食べることに集中出来たのかも。
食物アレルギーのため食べらるものがかなり限られてしまうのですが、パイナップルを気に入ったようでパクパク食べていました。

20階のラウンジは宿泊中は無料で使えるので、何回か夫に息子を託して(2人は部屋でお昼寝)お邪魔してきました。
カクテルタイムはアルコールもフリードリンクのためか結構混み合っていました。
妊娠中のため飲めないのが残念。

子連れ、そして食物アレルギーということもあり、外出や外泊は疲れて帰ってくることも多いのですが、
今回はホテルも居心地が良く、そして近場のためか、のんびりすることが出来ました。

無事にお腹の中の子が産まれたら、お礼のお参りの際にまた泊まれたらいいなぁ。