読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビッサハー!でワッハ!ワッハ!

家族は夫と二人の息子。紅一点の可愛い母ちゃんになりたいけれど日々可愛いから遠ざかっているような気がする働く母の日記です。

皮がむけた

こどもたち
下の話になりますが、長男の下の皮について、やや悩んでおりました。
3歳児健診やアレルギーの受診の時に聞くと、「手術が必要かも」とのこと。
むこうとしてもさっぱりで、痛がったりくすぐったがったりで用手的にどうにも出来ず。
保育園のトイレで他の子のと見比べることもあるようで、お友達に「ちんちん小さいって言われたの」と凹んでいたりもして、このままなら手術だな、と覚悟していました。
(大事なのはテクニック!と話すと無反応でした。母が悪かった。ごめんなさい。)
時期は、小学校前の方がいいのか、もう少し大きくなりお泊まりの行事がある前か、はたまた、既に時期を逃していますが2、3歳で手術が良かったかも、というご意見もあり、いつするべきか。

ステロイド軟膏を塗っていたらむけることもある、とリンデロンv軟膏を処方してもらい塗ってはいましたが、効果あんまり無いかも、とも言われていたので、毎日ではなく思い出した時に塗っていました。

そうしていたところ、4歳半にしてむけました。
私は先からむこうとしていましたが、長男は自分で根元の皮を引き上げてみたようで、
ある日突然、「赤いの出てきたの」と見せてくれました。

「良かったー!!お母ちゃんも嬉しいよー!」と喜んだためか、ほぼ毎日、お風呂前かお風呂上がりに見せてくれています。(お風呂は夫がこどもと入りたがり、私に子どもとのお風呂を譲ってくれません。むむむ。)

次男は生まれた時からその辺の心配はなく、むしろ最近皮を伸ばす方向に引っ張って先を完全に覆って皮を閉じる、というのが楽しいらしく、皮が伸びすぎないか心配です。
兄がむいてるのを見ると自分も同じことをしていますが。
昨日は二人して私を取り囲んで皮をむいて見せてきたり、兄が皮をむいている弟を褒め称えて拍手する、というおかしなことになっていました。
(弟はむいた時に先に指を当てていたら、皮が戻ってきて指が皮にホールドされたりしていました。)

炎症も心配だから触り過ぎないようにはなしていますが、ひとまず下の悩みは解消。
リンデロン効果なのか成長の過程なのかは分かりませんが、良かったです。






広告を非表示にする